INFORMATION

ルーザー インフォメーション


ルーザーウェットスーツを実際に購入して評価してみた!

格安ネットオーダーLooserWetsuits
top-1280x720.jpg

サーフィンを行う上で必要なウェットスーツ。

水の侵入や、動きやすさを重視してオーダーする人が殆どでは無いでしょうか?

ですが、
オーダーのウェットスーツってものすごく高いですよね・・・。

安くて5万円からで、こだわれば10万円以上する高価な買い物です。

実は私も3ミリフルを8年間使い続けており、当たり前ですがボロボロのカチカチです。

そこで、この買い替えのタイミングで、噂のネットオーダーを試してみたいと思います。

 

発注するメーカーは、Looser(ルーザー) ウェットスーツです。

ネットオーダーの最大手で、あのサーフィンライフでも取り上げられるほど、知名度が高いウェットスーツメーカーです。

この記事では、Looserウェットスーツを発注~実際に海で使用した感じを、正直に紹介していきます。

ウェットスーツそろそろ買い替えかな~ と思っている人は是非参考にしてみて下さい

0.gif

目次

  • Looserウェットスーツとは?
  • 実際にLooserウェットスーツを注文してみた
  • Looserウェットスーツの種類を選択
  • 着脱タイプを選択
  • Looserウェットスーツカラーの選択
  • 採寸方法と注意点
  • 実際のルーザーウェットスーツレビュー
  • 開封&ファーストインプレッショ
  • ルーザーウェットスーツを着てみ
  • ルーザーウェットスーツを海で使ってみた
  • 後悔している点
  • ルーザーウェットスーツ レビューまとめ

Looserウェットスーツとは?

ネットオーダーのウェットスーツの大手であるLooser(ルーザー) ウェットスーツみ

特徴として、オリジナルデザインのウェットスーツを生産しており、高伸縮性で着け心地のいい高品質素材を採用しています。

更に生産は国内で行う、完全メイドインジャパンです。

1人1人の体型に合わせて型紙を作成し、生地パーツを11つ組み上げる丁寧な作業で、高品質のウェットスーツを提供出来るウェットスーツメーカーです。

パーツを縫い上げる作業は、ウェットスーツの寿命を大きく左右するので、うれしいところですね。

また、ネット販売で余計な人件費等を抑える事で、値段も破格!

フルスーツが3万円代でオーダー出来ます。

とはいえ、高い買い物なので、本当に頼む価値があるのか?

実際に発注してレビューしていきましょう。

 

実際にLooserウェットスーツを注文してみた

Looserウェットスーツの種類を選択

ウェット種類.jpg

まずは、発注するにあたって、ウェットスーツの種類を選んでいきます。

種類はこちらです。

取り扱いウェットスーツ

1.セミドライスーツ  48,000円~

2.ジャージフルスーツ※  37,000円~

3.シーガル※  34,000円~

4.ロングスプリング※  31,000円~

5.スプリング※  29,000円~

6.ロングジョン  31,000円~

7.ショートジョン  22,000円~

8.ロングタッパー  18,000円~

9.ショートタッパー  17,000円~

10.ベスト  16,000円~

※マークがついているウェットスーツは、生地の好みの厚さがチョイスできます。

大まかにウェットスーツの種類は上記の10種類のラインナップが用意されており、メンズ・レディース共に対応しています。

基本的なウェットスーツの種類は全てラインナップされていますね。

私は、この中でジャージフルをオーダーしようと思います。

注文画面に入って、下記の画面でウェットスーツタイプをチョイスします。

着脱タイプを選択         

着脱-1.png

次に、ウェットスーツの着脱タイプを選びます。

下記4種類のタイプがラインナップされています。

  • BACK ZIPPER TYPE  昔ながらのバックジップ。背中に水を通さないジップが付いており、脱着しやすさを優先したタイプ 但し、他のタイプに比べて肩回りの動きに、少しだけ制限が出てしまいますので注意してください。
  • NON ZIP TYPE ZIPLESS) バックジップを改良した、ノンジップタイプです。背中が一枚構造になっていますので、水の侵入がしにくい上に、動きやすさも改善されています。
  • NECK ENTRY TYPE   近年、生地の質が向上したおかげで登場したウェットスーツタイプです。生地の伸縮性を活かして、首をとおす穴を大きく広げて、そこからウェットスーツを着る事が出来ます。着脱にコツが要りますが、保温性と動きやすさは抜群です。但し、生地の質がものを言うので、こういった格安ウェットスーツではどうなのか・・・・。
    選択するには少し勇気が要りますね。
  • CLASSIC LINE TYPE
    表面全体がラバー仕上げで、ロングボーダー等に人気のモデルタイプ

Looserウェットスーツカラーの選択

次は、ウェットスーツのカラーを選択していきます。

ネックエントリーとその他のウェットでは、ウェットスーツのデザインが変わってきます。

ライン2-1.jpg

こちらがネックエントリータイプ

ふくらはぎ部分のみカラーを選べます。

少し寂しいですが、派手なウェットスーツにするつもりは無いのでヨシとします。

 

ライン1-1.jpg

バックジップやノンジップタイプはこちらのデザインです。

わきの部分のポイントと、ベースカラーも変更出来ます。

パーツとステッチ(縫い糸)カラーバリエーションは、全24色です。

かなり多くうれしい!

 

色-1.jpg

こちらの画面でパーツカラーとステッチを選択します。

私は、両方とも

3. Looserダークグレーにしました。

あまり目立ちたくないので、地味なカラーをチョイス!

また、ロゴマークの種類や位置も選ぶ事が可能です。

私は地元のショップの関係があるので、無しを選択しました。

ロゴマークの位置 フロント部とバック部の位置指定01、02、03より選択

それでは、いよいよ採寸に入っていきます。

 

採寸方法と注意点

採寸箇所は全部で19カ所(女性の場合23カ所)を測定します。

私も初めて測るので不安でしたが、ポイント毎に画像付きの説明が表示されていたので、非常に分かりやすかったです。

これなら初めての人でも安心して測定できます。

また、最初の身長を入力すると、全項目に薄い文字でおおよその目安数値が表示されます。

各部位の身長ごとの平均サイズです。

自分で測定した結果と比べて大きく数値が違う場合は、『測り方がおかしい』と気が付くので、嬉しい配慮ですね。

  • 身長
  • 体重
  • 首囲
  • 肩幅
  • 上胸囲
  • 腹囲
  • 尻囲
  • 新背丈
  • 裄丈
  • 袖丈
  • 大腕囲
  • 肘囲
  • 肘下囲
  • 手首囲
  • 股下
  • 膝下周
  • フクラハギ
  • 足首
  • すね長
  • 乳下がり*
  • 乳頭間*
  • トップ*
  • アンダー*

若干分かりづらかったのは、

04肩幅です。

肩幅は、『肩ってどこまでが肩なの?』って感じでした。

分からなかったので色々調べてみると、肩の骨の末端までの寸法でいいそうでした。

20分程度で測り終えて、入力完了

入力画面非常に分かり易く軽快。

ストレスなく入力する事が出来ました。

後は、支払方法と配送先を入力して完了です。

 

実際のルーザーウェットスーツレビュー

注文してからおおよそ3週間で商品が届きました。

それでは、ここからは実際に届いたルーザーウェットスーツをレビューしていこうと思います。

開封&ファーストインプレッション

IMG_4617.jpg

注文してから 3 週間ほどで、ルーザーから大きな段ボールが届きました。

さっそく開封です。

触った感じウェット素材は、十分柔らかく動きやすそうです。

IMG_4620.jpg

縫い目は、このように丁寧に縫い上げられており、さすがメイドインジャパンって感じですね。

この膝パッドは、オプションではなく標準で付いていました。

IMG_4618.jpg

こちらは、ふくらはぎのダークグレーのカラー部分です。 

ホームページの画像より実物の方が、明るく感じました。 

注文する際は参考にしてみて下さい。

IMG_4645.jpg

気になるネックのエントリー部は、伸縮性が高い素材を採用しています。

このように、ビローンと伸び着やすくなっていますが、やはり高価なブランド品より若干伸びが少ない感じがします。

大体の場合、
何度か使うと、柔らかく着やすくなっていくので問題無いでしょう。

IMG_4626.jpg

裏生地は、スベスベしたさわり心地です。

着脱のとき、引っ掛かりにくそうです。

ルーザーウェットスーツを着てみた

それでは、実際に着てみます。

やはり、初めて腕を通すのでエントリー部分がまだ硬いですね。

何度か着る事で硬さは無くなると思いますが、 ネックエントリーが初めての方は、着脱に少し手こずるかもしれません。