CUSTOM MADE

オーダーメイドでできること

MADE IN JAPAN日本で作っています。

スタイルが選べる

メンズ・レディスサイズのウェットスーツをオーダーいただけます。

セミドライスーツ

  • (ボディ3mm×腕部分3mm)
  • (ボディ5mm×腕部分3mm)

長袖・長ズボンタイプのウェットスーツですが、主に表面がラバー加工されており、寒さを感じにくく、
内側の裏生地が起毛の為、保温性が高く
西日本から関東地域では、
真冬でもセミドライスーツがあれば、12月から3月末頃、着用されています。

裏地

※セミドライタイプのウェットスーツの裏地は、全て、赤起毛になっており、保温性に優れ、撥水機能もあり、速乾性があるので、寒い時の2ラウンド目が、快適な使用が可能です。

ジャージフルスーツ

  • (ボディ3mm×腕部分3mm)
  • (ボディ3mm×腕部分2mm)

長袖・長ズボンタイプのジャージ素材のウェットスーツで、年間を通じて一番使用頻度の高いタイプ。
生地も、柔らかく、身体にフィットするので、これが一着あれば、様々なコンディションやシーンで使いこなせ、オールラウンドで活躍します。
主に関東地域や西日本では、
真冬以外の3月末から6月、9月末から12月頃迄、着用可能です。

シーガル

  • (ボディ3mm×腕部分3mm)
  • (ボディ3mm×腕部分2mm)

半袖、長ズボンタイプのウェットスーツで気温が高くなる、
5月頃から夏前と秋口に使用頻度が高く、サーフィン初心者が
最初に選ぶウェットスーツとして人気が高く、主に関東地域や西日本では、5月から6月、9月から11月頃迄、着用可能です。

LSスプリング

  • (ボディ3mm×腕部分3mm)
  • (ボディ3mm×腕部分2mm)

長袖・半ズボンタイプのウェットスーツで、通称、「ロングスリーブタイプ」と言い、水温が高いが、気温が下がる秋に良く使うタイプ。
長袖なので、日焼けが気になる女性にも人気のタイプで初夏でも使え、スタイルが良くみえるので、◎。

主に関東地域や西日本では、
6月から7月、9月10月頃がオススメです。

スプリング

  • (ボディ3mm×腕部分3mm)
  • (ボディ3mm×腕部分2mm)

半袖半ズボンタイプのウェットスーツで、初夏から夏の朝夕〜水温の高い秋口迄、夏には、欠かせない
アイテムで、1着持っていると大変重宝します。

主に関東地域や西日本では、
6月〜9月頃に活躍します。

ロングジョン

  • (オール3mm)
  • (オール2mm)

袖なし長ズボンタイプのウェットスーツで、下半身は、温かく夏場、足腰の冷えがなく、上半身は、袖が無いので、肩周りに負担が無く、川釣りなどにも使えます。
また、LSタッパー等との組み合わせで、ロングボーダーには、
人気が高く、SETで、使用されると更にオシャレ!
主に関東地域や西日本では、
5月〜9月頃、海や川でのシーンで重宝します。

ショートジョン

  • (オール2mm)

袖なし半ズボンタイプのウェットスーツで、真夏の海や川遊びに
最適。身体の冷えを防ぎ、長時間の入水でも体温を奪われないのと
肩周りに負担が少なく、オープンウォータースイムや夏場のトライアスロン等にも使え、こちらもSSタッパーとの組み合わせも、良いでしょう!
主に関東地域や西日本では、
6月〜9月頃、海や川でのシーンで重宝します。

LSタッパー/LS JKT

  • (オール2mm)

上半身長袖タイプのウェットスーツで、ジャケットタイプになり、男女共、真夏の時期に上半身の夏の日差しの保護や冷えに対応し、サーフトランクスや水着との組み合わせで、真夏には、かなり活躍の場が多く、他には、ロングジョンやショートジョンとの組み合わせもOK。
ファスナーは、前タイプと後ろタイプがあり、主に関東地域や西日本では、
6月〜9月頃に重宝します。

SSタッパー/SS JKT

  • (オール2mm)

上半身半袖タイプのウェットスーツで水着やサーフトランクスとの組み合わせや、ロングジョンやショートジョンとの組み合わせもOK。
ファスナーは、前タイプと後ろタイプがあり、
主に関東地域や西日本では、
6月〜9月頃に重宝します。

ベスト/ベスト JKT

  • (オール2mm)

上半身袖なしタイプのウェットスーツ。こちらも、水着やサーフトランクスとの組み合わせで、
着こなせ、主にフロントファスナー仕様で、着脱も容易な為、水着にプラスすれば、思った以上に
暖かさを実感できます。

主に関東地域や西日本では、
7月〜8月頃、活躍します。

カラーが選べる

下記ののカラーから『ベース』と『ポイント』と『ステッチ』カラーをお選びいただけます。

■ カラーバリエーション

「BACK ZIPPER TYPE」、「NON ZIP TYPE(ZIPLESS)」、「NECK ENTRY TYPE」はスタンダード15種類、
エクストラ16種類の31種類からお選びいただけます。
「セミドライスーツ」は「フラットスキン」と
「メッシュスキン」が2種類からお選びいただけます。

スタンダード

  • 1.ブラック
  • 2.ホワイト
  • 3.濃グレー
  • 4.グレー
  • 5.アイス
  • 6.マリン
  • 7.ストーム
  • 8.ネイビー
  • 9.バイオピンク
  • 10.ピンク
  • 11.レッド
  • 12.オレンジ
  • 13.イエロー
  • 14.グリーン
  • 15.オリーヴ

エクストラ

  • EX-1.ブラック
  • EX-2.ホワイト
  • EX-3.濃グレー
  • EX-4.シルバー
  • EX-5.アイス
  • EX-6.マリン
  • EX-7.ブルー
  • EX-8.ネイビー
  • EX-9.ピンク
  • EX-10.レッド
  • EX-11.Kオレンジ
  • EX-12.オレンジ
  • EX-13.イエロー
  • EX-14.Kグリーン
  • EX-15.グリーン
  • EX-16.ピスタチオ

■「フラットスキン」「メッシュスキン」

フラットスキン

メッシュスキン

[フラットスキンとメッシュスキンの違い]

フラットスキンは、言葉の通り、表面がツルツルなので、見た目が、お洒落!
メッシュスキンは、表面がザラっとした感じで、傷がつきにくく、扱いやすさがあり、
いずれの生地も、柔らかく、着脱が簡単なので、お好みでお選びください。

■「スタンダード」「エクストラ」について

[スタンダードとエクストラの違い]

スタンダードは、オーソドックスな、柔らかい素材です。
エクストラは、スタンダードより、伸縮率の高い素材です。

ジップシステムとロゴマークが選べる

4種類のZIP SYSTEMと3種類のLOGO TYPEからウエットスーツをオーダーいただけます

ベースカラー&ポイント&ステッチカラー

ZIP SYSTEM

BACK ZIPPER TYPE

背中に水を通しにくいコイルファスナーがついていて脱着しやすいタイプ

NON ZIP TYPE (ZIPLESS)

ジッパーがなく背中が一枚構造になっていて、首、背中周りからの水の侵入が少なく保温性が高いタイプ

NECK ENTRY TYPE

水の浸入が少なく、肩への負荷が少ないので腕や肩が回りやすいが、着脱には、少しコツが必要です。

CLASSIC LINE TYPE

表面全体がラバー仕上で、ロングボーダー等に人気のモデルタイプ

LOGO TYPE

ロゴマークの位置 フロント部とバック部の位置指定01、02、03より選択

※LOGO無しもお選びいただけます。(セット価格は変わりません)

オーダーフォームはコチラ

BACK ZIPPER TYPE

背中に水を通しにくいコイルファスナーがついていて脱着しやすいタイプ

このタイプでオーダーする

NON ZIP TYPE (ZIPLESS)

ジッパーがなく背中が一枚構造になっていて、首、背中周りからの水の侵入が少なく保温性が高いタイプ

このタイプでオーダーする

NECK ENTRY TYPE

水の浸入が少なく、肩への負荷が少ないので腕や肩が回りやすいが、着脱には、少しコツが必要です。

このタイプでオーダーする

CLASSIC LINE TYPE

表面全体がラバー仕上で、ロングボーダー等に人気のモデルタイプ

このタイプでオーダーする