INFORMATION

ルーザー インフォメーション

ルーザーウェットスーツ投稿

フルオーダーウェットスーツのヒミツ

 

オクルーザー サーフィン紀行

今回は、ネックエントリーの長所と短所をご紹介します。

◇長所

①ネックエントリー最大の特徴は、ファスナーが無い事。

②首の負担が少なく、肩の負担が少ないので、パドリングが楽。

③バックジッパーは、背中から多少、水の侵入があるが、ファスナーが無いので、背中からの水の侵入が無い事。

 

◇短所

①脱ぐのに少しコツが必要。

首部分から、両手を出すのに、左右の腕を内側に順番に入れて、中から抜くのに、慣れが必要です。

 

この短所さえ克服できれば、オススメしたいタイプですね。

 

秋から真冬の手前では、使いやすいウェットスーツですね。

 

 

地図

Googlemapで見る

動画

ネックエントリーの脱ぎ方

ネックエントリーに慣れていない時に、ガチ撮り動画になります。初めての時は、ちょっと苦労しますが、コツは、胸部分に空気を出来るだけ入れて、両腕を内側に入れれるように、抜けば、そのあとは、簡単に脱げます。
ウェットスーツの生地が、柔らかく、よく伸びるので、慣れれば、もっと楽に脱げます。☺️
WETSUIT TYPE フルスーツ 3ミリ×3ミリ
STYLE ネックエントリータイプ
BASE COLOR ブラック
A LINE Looserアイスブルー
STITCH COLOR Looserアイスブルー
OPTION 特に無し

39900円 税込

一覧に戻る

BACK ZIPPER TYPE

背中に水を通しにくいコイルファスナーがついていて脱着しやすいタイプ

このタイプでオーダーする

NON ZIP TYPE (ZIPLESS)

ジッパーがなく背中が一枚構造になっていて、首、背中周りからの水の侵入が少なく保温性が高いタイプ

このタイプでオーダーする

NECK ENTRY TYPE

水の浸入が少なく、肩への負荷が少ないので腕や肩が回りやすいが、着脱には、少しコツが必要です。

このタイプでオーダーする

CLASSIC LINE TYPE

表面全体がラバー仕上で、ロングボーダー等に人気のモデルタイプ

このタイプでオーダーする